ホーム > 注文住宅とは > 家を建てるのにおすすめの街は?

家を建てるのにおすすめの街は?

皆さんは栃木で家を探していませんか?ただ簡単に家を買うといっても街によって周辺環境や行政サービスの違いなど、住んでみてから(あれっ?)っと思うことも少なくないと思います。正直、住んでみないと分からない不安もあるので、住む家には実際に足を運んで自分の目で見て確認したいと思う方もいるでしょう。

それでしたらおすすめなのは県庁所在地である「宇都宮市」と住宅取得支援が最大110万円まで出る「小山市」です。

ただ宇都宮市、小山市には周辺環境や行政サービスの違いなのかを一から調べるのはちょっと面倒だなぁと感じますよね。そんなあなたにそれぞれの魅力を簡潔にお伝えするなら「

宇都宮市にはお子様と遊べる施設が多く子育てを考えている方におすすめの環境」で、「小山市は高額な住宅取得支援があり安く家を買いたい方」におすすめの環境です。それぞれの市について気になることがあると思いますので、それぞれの街を詳しく説明していきましょう。

 

県庁所在地である宇都宮市の3つの魅力

宇都宮市は栃木県の県庁所在地になっています。『餃子』が有名なのでなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか。実は餃子だけでなく美味しい居酒屋が多いことでも有名です。

宇都宮駅は現在、宇都宮線、日光線、烏山線、東北新幹線、山形新幹線を利用することができます。そのため交通の便がよく旅行へ出かける際にも多く活用されています。そんな宇都宮市の魅力は大きく分けて「子供と遊べる環境の多さ」「充実したショッピングモール」「人口の多さ県内No.1」の3つになります。

 

・お子様と遊べる環境が多い宇都宮市

宇都宮市には遊園地や動物園、さらに公園などが多く、お子様を連れて気軽に遊びへ出かけられます。特におすすめなのは「宇都宮動物園」です。宇都宮動物園は、遊園地と動物園の両方を楽しめます。

動物園では95種類400点の動物を飼育しており、手渡しでキリンやゾウにエサをあげる体験ができる等、動物と直接触れ合えると話題です。

また遊園地にはゴーカートやボートなど子供や大人まで200~300円程度で1日中遊べるため、とても経済的にも助かりますね。休日に連れて行けばお子様も大満足でしょう。

さらには宇都宮市には自然の中でアクティビティを楽しめる「宇都宮森林公園」や四季折々のきれいな草木や花を目にできる「栃木県中央公園」もあります。お子様と遊べる施設はもちろんですが、大人だけでも楽しめる施設が多いのが宇都宮市の魅力の1つです。

 

・充実したショッピングモールが豊富な宇都宮市

宇都宮市には「宇都宮 東武百貨店」「PARCO(パルコ)」「インターパーク」といった大型のショッピングモールがあります。

東武百貨店やPARCOは都内にもあるお馴染みのショッピングモールですよね。ショッピングから食事、映画など多様のアクションを1つの施設で行うことができるので、きっと1日では楽しみきれないと思います。

インターパークにおいては駐車場も広く、県内では大規模なショッピングモールといえるでしょう。また宇都宮駅からはインターパークへ直接繋がるシャトルバスがでているので、車が無くても楽しむことができるので安心です。

 

・県内No.1の人口の多さを誇る宇都宮市

宇都宮市は県庁所在地ということもあり、賑わっていて人口の多い街県内1位になっています。そのため観光客も多いのが特徴に挙げられます。

県外から来られる方はボールプールやプラネタリウムなど子供だけでなく大人でも楽しめる「栃木県子ども総合科学館」、市内の景色を一望できる宇都宮タワーがある「八幡山公園」、栃木県関係した美術品を中心に、日本と世界の美術を展示している「栃木県立美術館」等を訪れています。

宇都宮市内だけでも十分なほど魅力的な栃木県の観光スポットになっています。

またランチになると料理+デザート+ドリンクがなんと1000円で食べられる洋菓子と洋食のお店「SELECT(セレクト)」やグルメサイトでは「美味しい」といった口コミが多い洋食店「キマグレイチバ」も人気があります。

 

住宅取得支援が最大110万円でる小山市の3つの魅力

小山市は栃木県内では高額な住宅取得支援があり、生活環境に余裕を生み出してくれます。また小山駅には東北新幹線・東北本線・水戸線・両毛線が乗り入れており、東西南北にすべてに伸びる路線が集まる結節点になっています。

そんな市民に優しい小山市の魅力は大きく分けて「新居購入の味方」「豊かな自然が生み出す公共施設」「アクティブな遊具施設が多い」の3つになります。

 

・小山市は新居購入者の味方

小山市は県内トップクラスの住宅取得支援があります。ただ「2年以上小山市以外で住んでいた方」「対象住宅に5年以上定住することを誓約した方」等、いくつかの条件をクリアし書類を提出する必要はありますので、先にこちらの記事から条件をクリアできるか確認してみましょう(http://www.city.oyama.tochigi.jp/site/shinsei-navi/1.html)。

ただ110万円の支援金があるのとないのとでは生活環境もガラッと変わってくると思います。利用可能な制度を有効的に活用して、より住みやすい環境にできるのが小山市の魅力の1つです。

 

・豊かな自然が多い小山市の公共施設

小山市には豊かな自然に囲まれてた公共施設が多くいのが特徴です。

その中でもソメイヨシノやイチョウが綺麗に彩る「小山祇園城跡(城山公園)」、ウォーキングやピクニック、森林浴にも最適な「間々田八幡公園」は特におすすめです。さらに日帰りでも疲れを癒せる天然温泉施設の「思川」もあります。小山市は心と身体を十分癒せる最適な場所になっています。普段疲労が溜まりがちな方には一度訪れてみてはいかがでしょう。

さらに貴重なカップやグラス、陶器などの展示物とそれに併設されたカフェのある「石井美術館」、古い民家を移築して作られ地元小山に密着した歴史を味わいながら静かな時を過ごせる「大日山美術館」、市民の方の作品があるギャラリースペースやイベント品を展示される「まちかど美術館」など、大人の趣味や小山市を盛り上げる場も多く存在しています。

 

・アクティブな遊具施設の多さ

小山市には大人向けのアクティブな遊具施設がたくさんあります。

例えば、ルアー釣りやフライフィッシングが手ぶらで行っても楽しめる「なら山沼漁場」、広い芝生で身体を動かしたりバーベキュー場や貸し自転車がある「小山総合公園」、乗馬体験が可能な「小山乗馬クラブ大沼」です。

もちろんお子様と一緒に楽しむこともできるので、家族で訪れるのもおすすめです。休日をアクティブに過ごされている方には最適な条件ともいえるでしょう。

 

自分にあった街を選らんで快適な生活を!

ご紹介した通り、栃木県で家を買うなら宇都宮市か小山市がおすすめになっています。どちらかをあえておすすめするのであれば【お子様と一緒に住むのなら宇都宮市】【夫婦や単身で住むなら小山市】ではないでしょうか。

ただどちらも魅力的な街ですので、一度訪れてご自身の目で確認していただくことをおすすめします。快適な生活ができるよう参考になれば幸いです。よろしければこちらから宇都宮市・小山市における住宅の資料をお求めください(http://www.mareahouse.jp/document/)。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 栃木県のデザイン注文住宅ならマレアハウスデザイン 
 
 宇都宮市インターパーク・小山市中久喜に総合展示場を
 展開中!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-