性能

省エネと快適
人環境への配慮
水の力を利用した硬質ウレタンフォームによる断熱材「アクアフォーム」は環境に悪影響を与えるフロンガスを使わず、ホルムアルデヒドも発生させません。
暮らす人の安心・安全はもちろん、快適な住環境を維持します。

光熱費を大幅削減
自己接着能力によって躯体との間に隙間ができず、長期間に渡って優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性を持った住宅は省エネ効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を大幅に削減します。
カビやダニの発生を抑制
建物に隙間が多いと、風や湿気が外から建物の中に入ってきます。建物を効率的に換気するには、まず高い気密性をもった住宅をつくる必要があります。高い気密性があってはじめて効率的に、計画的に建物を換気することが可能なのです。

現場発泡だからできる
現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消
アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。
無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームはグラスウール10Kの約15倍の断熱効果を発揮します。また、透湿性も低く断熱材内部に湿気を侵入させにくいため、躯体内の結露を制御し、建物の耐久性を高めます。
外張断熱
  • 外壁側に通気層を設け、構造体の劣化の原因となる結露を防止
    高性能な断熱材で構造躯体を外側からすっぽり包むので、小屋裏空間にも熱気がこもらず、吹き抜けやロフト、勾配天井など、自由で快適な住空間を作り出します。また、柱などの構造材部分で断熱材が分断されないので、熱が出入りする熱橋(ヒートブリッジ)が無く、壁体内結露を抑え建物の耐久性にも優れています。
熱ロスが少ない熱交換気システム
  • 冷暖房効率を損なわない快適空間を実現
    熱交換気システムは、廃棄の際に汚れた空気と一緒に捨てていた熱を吸気時に回収して室内に戻します。熱回収により空調負荷を軽減でき、冷暖房コストを抑えます。また、冬期では冷たい外気を室温に近づけて吸気するので、冷たい空気が侵入する不快感を防ぎます。
  • PM2.5にも対応のフィルターを採用
    微粒子用のフィルターを搭載し外気の汚染物質の約 95パーセントを換気扇のフィルターでキャッチし、キレイな空気で換気します。
Low-E複合ガラス
より快適な暮らしを
アルミ樹指複合+Low-Eガラスだから熱の出入りを軽減します。 2枚のガラスの空気層と、ガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。また、夏場の冷房効果を高める遮熱タイプと冬場の暖房効果を高める断熱タイプをお選びいただけます。

  • strucuture_stra_01
  • strucuture_spec_01
  • strucuture_ins_01
  • strucuture_after_01