ホーム > スタッフブログ > 栃木県宇都宮市の周辺環境 栃木県のデザイン注文住宅ならマレアハウスデザイン

栃木県宇都宮市の周辺環境 栃木県のデザイン注文住宅ならマレアハウスデザイン

投稿日:2018.04.13

この度、皆様と一緒に私たちの活動の中心となっている栃木県宇都宮市の環境について、情報共有の場が欲しいと思うようになりブログを開設いたしました。

住みよい住環境をどう整えていくか、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

更新1回目の今回のテーマは「宇都宮市の良さをご案内したい」ということを書いて行こうと思います。

 

家を建てるということは、家族皆様の一大決心ですよね。

今後長く暮らす地域を選ぶところから始めるのですから、今がよければすべてよし、という視点で立地を選ぶわけにはいかないと思います。

自宅を起点に、最寄り駅やバス停はどこにあるのか。普段よくアクセスする場所へ行きやすいのかをまず考え、病院や学校、最寄りのスーパーまでの距離と考えると、実際に歩いて感じてみないことにはわからないこともたくさん出てきます。

 

栃木県宇都宮市のいいところは、住宅用地の整備がきちんと進んでいることです。

それは今後そこで暮らす人の目線に立って、周りの環境整備がなされているということであり、建設用地を選ぶ大きなポイントになります。

 

近年、大手ハウスメーカーが土地を買い上げ、同条件の家しか建てられないような住宅用地が増える中、宇都宮市内には建設条件なしの住宅用地があり好みのハウスメーカーの家を建てられるようになっている場所がきちんと用意されています。

家を建てる側の自由度が尊重される住宅用地の整備が進んでいるのは、今後家を建てようと考えている方には朗報ではないでしょうか。

その周りに病院や学校、スーパーなど生活に必要な施設が整えられているため、下見もスムーズに進むと思います。

家族で気になる場所を歩いてみる、というのも家づくりの楽しみと言えますね。

この場合、道路整備が行われたばかりなので、歩きやすく車でも走りやすいというのも大きなメリットになると思います。

道路標識を確認するなどすると、利便性の良さを感じられます。

 

小さなお子様がいらっしゃる方は、やはり保育園や幼稚園の状況なども気になるところだと思います。今はまったく家が建っていない場所から想像するのは難しいかもしれませんが、子供たちが地域を活性化させることは間違いありません。

のびのびと子供が活動でき、近隣との人間関係を一から築いていくことを考えれば新設で整備されている土地は魅力的ではないでしょうか。

近くに公園があればなおのこと、元気に駆け回れるスペースがあるのは大人も運動不足に悩まずに済みますね。

 

宇都宮市は平成21年度から都市機能の基盤整備を多年度にわたって進めており、いまはその結果が垣間見られる時期に入っています。

市のホームページを見て、実際の活動内容をご存知の方も多いかもしれません。

まだ続いている基盤整備ですが、これまでも、これからも住みよい街づくりを市が全面的にバックアップしているわけですから、長く、安心して暮らせる街であることは間違いないと思います。

 

まず、小さなお子様がいるご家庭にスポットを当てましたが、宇都宮市が家族向けというわけではなく、どんな世代も暮らしやすく整備されているという点は、実際にいま住んでいる皆様にはきちんと実感があるのではないでしょうか。

「家を建てるなら宇都宮市内で」と思われるのは、もうすでに皆様の中に宇都宮市の魅力が浸透しているからだと考えます。

それを、家を建てることでもっと魅力的に感じられるのであれば、最高ですね。

 

中高年やお年寄りにも住みよく感じてもらえる気配りが街の中にあり、そういう点では病院までのアクセスがしやすいこと、公共施設へのアクセスがいいことが上げられると思います。

歩きやすい道や案内のわかりやすいバス通り、「ついで」に他の用事が済ませられるよう通りに面してスーパーやドラッグストアがあるのは魅力です。

郊外に大型店舗もあるので、お休みの日は家族でおでかけ気分を味わえるのも気分転換にもってこいではないでしょうか。

 

同じ土地で長く暮らすということは、飽きが来ないことも大事な条件です。

だからこそ、せっかく家を建てるならいいものを建てようと考えるのだと思います。家族の意見を尊重しながら、長く、どう楽しく暮らすか。それは、家族の数だけ計画があるものだと思います。外装、内装に至るまで、家族の好みを踏襲することで帰りたいと思える家づくりができると思います。

 

お子様が小さいうちに、のびのびと暮らせるよう家を建てたいと希望される方。

お子様の結婚を機に、二世帯同居を考えられる方。

終の棲家として、夫婦ふたりだけの家を考えられる方。

大きく住まうのか、小さく住まうのか。こう考えるだけでも、たくさんの建築プランを想像することができます。

建築プランを考え出すと、ワクワクした気持ちになりますね。

それだけたくさんの家の形があるということは、私たちの腕の見せ所でもあるからです。

 

新天地として他の街から縁あって宇都宮市を選ばれる方も少なくありません。

他の街から引っ越しをして来られる方へのサポートも、宇都宮市が力を入れていることのひとつです。

わざわざ他の街から転居をして来るのですから、求めてくるのは住みやすさだと思います。

新しい暮らしを始める中で、よいスタートが迎えられるよう考えられた結果を私たちは応援したいと思っています。

 

駅前を走る大通り、反対側の鬼怒通りともに歩きやすく、初めて街を歩く方でも迷子になってしまうような複雑さはありません。鬼怒通りを下って左に曲がればTSUTAYAとタリーズコーヒーに行けるなど、きっと1度行けば2回目以降はスムーズに目的地に着けるでしょう。

目的地に行きやすいということは、暮らしの不便が少ないということになります。

駅周辺にヨドバシカメラの大型店舗があるなど、新生活に必要なものを新調するにも便利です。地域密着型の大型店舗は品揃えがいいので、理想の家、理想の暮らしをしようと思ったときに浮かんだ選びたい家電を見つけられるのではないでしょうか。

 

地域に寄り添って暮らすことを考えれば、少しずつ街の中にあるお店に足を運び、どこにどんな好みの商品が置いてあるのか、ひとつひとつ確認してみるのも楽しみですね。

個人経営のセレクトショップでしか感じられない発見の喜びや、いつものショッピングセンターで得られる安心感。

その両方を上手にバランスよく使い分け、地域に馴染んでいく時間も暮らしの楽しみとして取り入れて頂けたらと思います。

これは、家づくりにも言えることです。特注のものを取り入れる。老舗メーカーの住環境整備品を取り入れる。街歩きの醍醐味は、それととても似ています。

 

住まうことは、今日、明日でできるものではありません。

まずは基本の計画を立て、話し合い、理想の形に少しでも近づくよう準備をしていくことが大切です。

きっといくつもの雑誌やハウスメーカーの資料を取り寄せ、モデルハウスに足を運ぶなど理想に近い本物を見にこと出かけることも増えていくと思います。そうした中で、それを形にするべく何度もメーカーと話し合いをすることで、理想以上の住まいを完成させることができると考えます。

「この街に住もう」と宇都宮市に家を構えることを決めたときは、私たちにご相談頂けたら嬉しく思います。

 

のんびりした空気を感じられる、慣れ親しんだ土地で新しい暮らしを考える。

そのときに「家を建てる」という選択をしたときのサポートを、全力で携わらせて頂けたら幸いです。

 

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
 栃木県のデザイン注文住宅ならマレアハウスデザイン 
 
 宇都宮市インターパーク・小山市中久喜に総合展示場を
 展開中!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-